タグ:動物愛護 ( 1 ) タグの人気記事


日本での犬猫の年間殺処分頭数を知っていますか?


-私は、知りませんでした。

 年間30万頭近くが殺処分されているそうです。


c0185516_20465668.jpg



「犬と猫と人間と」は、飼育放棄された犬猫たちがおかれている現状を追った
ドキュメンタリー映画です。


監督の飯田基晴さんが、通称「猫おばあちゃん」の稲葉恵子さんから
「動物たちの命の大切さを伝える映画を作ってほしい。」と依頼されたことから
始まったそうです。


c0185516_20473764.jpg


  上映会場外には、ボランティアの方々による(多分)手作りのパネルがありました。

c0185516_20474688.jpg 



  上映開始を待つ人々とパネルを眺めるてん母。




行政施設に人間の勝手な都合で持ち込まれる沢山の犬猫たち。

鉄柵の向こう側で、寂しげな悲しい目で訴えかける犬たち。

「鎮静器」と呼ばれる箱の中、炭酸ガスにより処分される犬たち。

産まれたばかりのまだ目も開かないうちに安楽死させられる子猫たち。

野良猫の避妊手術中、胎内から取り出されそのまま葬り去られる子猫たち。

新しい家族に引き取られていく幸運な犬たち、残される犬たち。



時には目を覆いたくなる場面もありました。
始まる前は、きちんとこの目で最後まで見届けようと決めていたが、
つい何回かは顔を背けてしまった・・・。
それ程、私たち人間は動物に残虐なことをしているということなんだよね。
同じことを人間に出来るのだろうか?


捨てる側の理由は様々。


「吠える」「咬みついた」「増えすぎた」
「違う犬種が飼いたい」「病気になった」


どれも飼う前に分かりきっていることだし、対処法もあることだよね。
信じられないけれど、どれも現実。


私も以前は、何も知らなくて、しかも知ろうとも思わなかったこと。
でも、空との生活が始まって、色んな方にお世話になるうちに、
少しずつ少しずつ目にしたり、耳にするようになっていった。
そうすると、もう目を背けることも耳を塞ぐこともできなくなってきたんだよね。



去年、近所の動物病院で、ボランティアで猫を保護している方に出会った時、
こんなことを話されていた。


「最近、TVで犬猫を殺処分する様子を放映しているでしょう?
 何であんな酷いことを放送するのかしら?私は嫌やなのよね」


私はその時、とっても生意気なんだけど、


「そうですよね、辛いですよね。でもね、どんな酷いことをされるかを
 皆に知ってもらった方が、いいんじゃないでしょうか?
 犬猫を捨てる人達に知ってもらいたいですよね・・・」


そうするとその女性は、


「そうかもしれなわね・・・」と言ってくれた。


今思うと、何もしていない私が本当に良くそんなことが言えたなと思う。
きっと現場で活動する方達は、あまりにも過酷な現状に耐えられないのだと思う。
でもそれでもやっぱり私達は、知らないといけないのではと思う。
私たちはどんな酷いことを動物達にしてしまっているのかということを。



「犬と、いのち」の著者である渡辺眞子さんも、こう言っています。


「まずは勇気を出して、知って下さい。そして多くの人に伝えていってほしいのです。」


私も空を育て始めたばかりで、空すらどうしていいのか分からず困惑している状態で、
何ができるか分からないけど、知ることから少しずつ始めようと思っています。
そしてね、自分目線で見て感じたことを伝えていけたらと思っています。


こんなブログだけど、私のように何も知らない人達に、
私と同じように知ってもらえたらと思っています。
知ってから何ができるか、まだ分からないけど・・・。


今年の目標の一つ。


 「知ること!そして伝えること!」から


始めていこうと思っています。少しずつね・・・。




「犬と猫と人間と」は渋谷でこれから4週間、一日一回上映されるそうです。
良かったら行ってみて下さい。情報はこちらから。



c0185516_22163259.jpg

「犬と、いのち」渡辺眞子さんの本です。
施設に収容されている犬たちの写真が沢山掲載されています。
どの仔も本当に可愛い顔をしています。こんな目で実際に見つめられたら、私達はどんな顔をしたらいいのでしょうね・・・
良かったら、読んでみて下さい。



c0185516_214924100.jpg



 空「母~!しっかり頑張ってくれだワンよーーー!」
[PR]