<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


昨日は暖かなお天気で、風も強く関東地方は春一番が
吹き荒れたそうです。


さてそんな暖かな昼下がりに、Teaching dogリデルとへちまこさんによるレッスンを
空と受けてきました。
今回のスペシャル・ゲストは、ルークママさんとオーパス君です。
わざわざお時間を割いてくださり、ありがとうございました040.gif


今回も前回と同じく、河川敷の広場へ向い、ロングリードを装着すると
早速オーパスと楽しそうに走り回っておりました。
でもさすがにアジ命のオーちゃん。走りには自信があった空ですが、
なかなか追いつきません。空、まだまだだね・・・^_^;


c0185516_1136309.jpg
c0185516_11364255.jpg



今回もたくさんのことを、へちまこさんからは教えて頂いたのですが、
如何せん物忘れが酷い近頃。すぐに忘れてしまうことも多いので、
取りこぼしがあるかもしれないのですが、覚えている範囲で今回も
忘れないうちに記事にしたいと思っています。


まず、ロングライン(ロングリード)のお散歩は、日頃の練習の成果か
「ちゃんとついて来るようになったじゃない?」とへちまこさんからは
仰っていただきました。


ただ・・・。
皆で立ち止まりおしゃべりをしたり、休憩をしている時、
空はドンドン私から離れ自分の行きたい方へ行ってしまいます。
リデルやオーパスは飼主からさほど離れて行きません。
つかず離れずの程よい距離を保っていますが、空はというと
ロングリード分(8m)いっぱいに離れていきます。


c0185516_12361374.jpg



そんな時、へちまこさんから「迎えに行って来て♪」と言われました。
その時の注意点。


 ・無言で近くに行く。
 ・リードを使って連れてきて、リード2mくらいを足で踏んで
  自分の側にいさせる。
 ・理想的には、飼主の半径2mぐらいに常にいるようにさせる。


そうすると、空も嫌そうな素振りも見せず安心して私の側でリラックしていました。
これが理想的な形なんでしょうね。


その時に、こんなお話もされていたました。
「Emergency call」を決めておくといいですよ!と。


例えば、危険な方へ行こうとしている時(道路、猫や犬のいる場所、など)や、
いけない事をしている時に、いつもと違う「呼びかけ」をすることで、
犬にも緊急事態であることを気づかせ、行動を制止させる。
その際、声のトーンは低めのいつもより大き目の声であることがポイント。


「Emergency call」の練習をすることは、犬の安全の為にも非常に
大切なことなので、今後取り組んでいきたいと思っています。
ところで、どんなcallにしようかな?

空ぽんは楽しい時だし・・・はいつもと同じだし、3文字の方が
呼びやすい気もするので、3文字で考え中です。
お・そ・ら? ぽんた? 旦那の名前の〇〇〇?(笑) 



そして、こんなこともありました。
広場でへちまこさんがリデルに「おやつ」をあげている時です。


リデルは、へちまこさんの正面に座って待っていました。
そこへ空がいつのようにリデルの右側から近づき、へちまこさんの手に
鼻をもっていった途端に、リデルから「ガウッ!」と注意されました。


すると空は、リデルの後からぐる~んと回り込んで、今度はリデルの左側に
しかもへちまこさんともリデルとも少し距離を置いて座り直しました。
「ほぉ~!」と感心する私。普段の空だったら、考えられない位置です。


c0185516_12154985.jpg


c0185516_1216149.jpg



空のように「ガウっ」となりやすい仔は、他の飼主さんの時は、ポールポジションを
取らせないことが大事だそうです・・・なるほど・・・。
(あっ、チャーリーママさんにも確か言われたぞ・・・^_^;)


オーちゃんはというと、オーちゃんもしっかりリデルから「ガウ」の指導を
受けておりました。ふふふ・・・みんな叱られながら学ぶんだよね・・・(笑)


c0185516_12273892.jpg


c0185516_12352099.jpg


 自分はもうもらったから、高みの見物状態の空。


この日は、オーパスがいたせいか空はあまりリデルとは遊びませんでした。
へちまこさん曰く、犬は基本的に1対1で遊ぶものなのだそうです。
だから3頭で絡んでいる時は、1頭がいじめられていることが多いそうで、
そんな時は人間が介入し止めなければいけないそうです。
(これって、1頭飼いの初心者には、なかなか分からないことかも・・・)


そういえば、pan君と会った時にはてんちゃんとpan君とが絡んで
空は1頭ウロウロとしていたことが多かったな?とか。
以前行ったドッグランでは、1頭のキャバが2頭の犬に追いかけられていたぞとか・・・
色んなことを思い出しました。
やっぱりあの時は、止めるべきだったんだ・・・。可哀想なことをしたな。


今回は、最初にオーパスと空が追いかけっこをしたくらいで、
後はリデルとオーパスが遊ぶことが多く、空はベターと座りこんで
リラックスしていることが多かったように思います。


そして前回と同じく今回も、空は良いお顔をしておりました。
良い天気だし、走り回れる広場はあるし、安心して側にいられるリデル達もいるし、
ついでに私もいるし(笑)、空にとっては楽しい時間だったようです。
また飼主である私も、学ぶことの多い実りある時間となりました。
へちまこさん、ルークママさん、本当にありがとうございました040.gif


長くなるので、またまた続きます。
次回は「歩行編(仮題名)」とまとめ?です。
[PR]


腰をね、とうとう腰を痛めてしまったのです・・・T_T)


日曜日は朝から出かける予定があったし、土曜は家族サービス?を
しようとずっと以前から考えていました。
お天気も良いことだし、また「昭和記念公園」にお弁当持参で
朝からレッツ・ゴーです!!


c0185516_12442317.jpg

 福寿草


c0185516_12443574.jpg

ソウシロウバイ?だったかな?


c0185516_1245845.jpg


お弁当を食べた広場


c0185516_12453899.jpg

 紅梅


c0185516_12455955.jpg

白梅


 

春の訪れを知らせるかのように、様々な花が咲いていました♪


空もとても嬉しそうに広場を駆け回っていましたよ♪
(もちろんロングリード装着で・・・)
そうなんです。私もね~よせばいいのに、ついね~。
嬉しそうな空を見て、つい張り切ってしまったのがいけなかった・・・^_^;


広場で空と猛ダッシュを繰り返してしまったんです・・・。
普段から、空と一緒に走ってはいるのですが、その日はいつも以上に
右へ左へと「私、ちょっと大丈夫?」ってなくらいに、
頑張って走ったんですよ。


次の日、朝起きたら腰がとんでもなく痛い。
でも何とか痛くない体勢を維持すれば(かがめたりしなければ)、平気みたい!と
いうことで、映画にも行ったし、ランチも食べたし、ちょっとてん母と
ウロウロしたりもしました、腰を曲げないで超スローな歩きで・・・。


月曜日には、少し良くなってきたようなので空のお散歩にも
行きました。もちろん小走りもダッシュも無しの、超スロー散歩ですが・・・


一番辛いことは・・・。
マンション内は抱っこが原則なんです。
7キロの空を抱っこする時が一番恐い。腰がグギーーーときそうで。
そ~っと、そ~っと抱っこして、歩いて、何とか大事に至らないように
気をつけています。


皆さんもお気をつけ下さいね~!(私だけ?)
私と歳の近い皆さん、辛いですから気をつけて下さいね~!(一緒にするな?)
愛犬と気合を入れて遊ぼうという時は、ストレッチをしてからの方が
良いと思います。私は今度からそうします(本当?)


多分、この腰の痛みは筋肉痛なのではないか?と思っています。
普段は使わない筋肉を右や左の猛ダッシュの時に、急激に捻ったのかな?と。
今回のことで、無理はいけないと痛感致しました。
歳を考えないとね・・・^_^;
そして何より空の為にも、楽しい散歩の為にも飼主の健康は、
重要ポイントです。


公園での空はというと・・・。
お弁当を狙っては、もらえないと分かるとふて寝してみたり、
広場で走り回っては、疲れてベターと休憩してみたりと
とっても楽しそうでした♪


c0185516_1317270.jpgc0185516_13172352.jpgc0185516_13174654.jpg
c0185516_063129.jpg
c0185516_13185242.jpg
c0185516_23554867.jpg
c0185516_13261667.jpg





また連れて行ってあげようと思っています。
次回は、桜かポピーの咲く頃がいいかな~♪


また行こうね!空ぽん!
そして次回は、無理をしないようにしようっと^_^;


現在、腰の具合は良くなってきました。ほっ・・・。
そして腰の痛みが去ると共に、太ももや背中が痛くなってきたので、
やはり筋肉痛だったのかな?と思っています。
あれしきで筋肉痛とは・・・以前、石割神社へ続く急勾配の階段を登った時は
大丈夫だったのに。歳って悲しいね・・・>_<。


でも今回の件で、犬飼にとって腰は大切ということがよ~く分かりました。
「マンション内の抱っこ」「排泄物の処理」「散歩後の足拭き」
「給餌タイム」「なでなでタイム」「遊びタイム」
と、腰を屈めることの多いこと・・・ここ数日辛かったな・・・
皆さんもお気をつけ下さいね~!





【本日のおまけ】


今回のお出掛けでは、空が私のすぐ隣にべたーと
座ってくれることが多かったように思います。
普段のお散歩の時には、微妙な距離をとりたがる空なので、
飼主としては非常に嬉しいんです♪


c0185516_13214950.jpg
c0185516_13222780.jpg

 首の下をナデナデナデナデ・・・


ちょっと、ノーマン・ロックウェルの絵みたい?
(勘違いも甚だしいですね。私はこんなにモコモコだし・・・)


c0185516_13404269.jpg



やっぱり全然違うみたい・・・^_^;
[PR]
by sorakasan | 2010-02-23 22:34 | おでかけ

日本での犬猫の年間殺処分頭数を知っていますか?


-私は、知りませんでした。

 年間30万頭近くが殺処分されているそうです。


c0185516_20465668.jpg



「犬と猫と人間と」は、飼育放棄された犬猫たちがおかれている現状を追った
ドキュメンタリー映画です。


監督の飯田基晴さんが、通称「猫おばあちゃん」の稲葉恵子さんから
「動物たちの命の大切さを伝える映画を作ってほしい。」と依頼されたことから
始まったそうです。


c0185516_20473764.jpg


  上映会場外には、ボランティアの方々による(多分)手作りのパネルがありました。

c0185516_20474688.jpg 



  上映開始を待つ人々とパネルを眺めるてん母。




行政施設に人間の勝手な都合で持ち込まれる沢山の犬猫たち。

鉄柵の向こう側で、寂しげな悲しい目で訴えかける犬たち。

「鎮静器」と呼ばれる箱の中、炭酸ガスにより処分される犬たち。

産まれたばかりのまだ目も開かないうちに安楽死させられる子猫たち。

野良猫の避妊手術中、胎内から取り出されそのまま葬り去られる子猫たち。

新しい家族に引き取られていく幸運な犬たち、残される犬たち。



時には目を覆いたくなる場面もありました。
始まる前は、きちんとこの目で最後まで見届けようと決めていたが、
つい何回かは顔を背けてしまった・・・。
それ程、私たち人間は動物に残虐なことをしているということなんだよね。
同じことを人間に出来るのだろうか?


捨てる側の理由は様々。


「吠える」「咬みついた」「増えすぎた」
「違う犬種が飼いたい」「病気になった」


どれも飼う前に分かりきっていることだし、対処法もあることだよね。
信じられないけれど、どれも現実。


私も以前は、何も知らなくて、しかも知ろうとも思わなかったこと。
でも、空との生活が始まって、色んな方にお世話になるうちに、
少しずつ少しずつ目にしたり、耳にするようになっていった。
そうすると、もう目を背けることも耳を塞ぐこともできなくなってきたんだよね。



去年、近所の動物病院で、ボランティアで猫を保護している方に出会った時、
こんなことを話されていた。


「最近、TVで犬猫を殺処分する様子を放映しているでしょう?
 何であんな酷いことを放送するのかしら?私は嫌やなのよね」


私はその時、とっても生意気なんだけど、


「そうですよね、辛いですよね。でもね、どんな酷いことをされるかを
 皆に知ってもらった方が、いいんじゃないでしょうか?
 犬猫を捨てる人達に知ってもらいたいですよね・・・」


そうするとその女性は、


「そうかもしれなわね・・・」と言ってくれた。


今思うと、何もしていない私が本当に良くそんなことが言えたなと思う。
きっと現場で活動する方達は、あまりにも過酷な現状に耐えられないのだと思う。
でもそれでもやっぱり私達は、知らないといけないのではと思う。
私たちはどんな酷いことを動物達にしてしまっているのかということを。



「犬と、いのち」の著者である渡辺眞子さんも、こう言っています。


「まずは勇気を出して、知って下さい。そして多くの人に伝えていってほしいのです。」


私も空を育て始めたばかりで、空すらどうしていいのか分からず困惑している状態で、
何ができるか分からないけど、知ることから少しずつ始めようと思っています。
そしてね、自分目線で見て感じたことを伝えていけたらと思っています。


こんなブログだけど、私のように何も知らない人達に、
私と同じように知ってもらえたらと思っています。
知ってから何ができるか、まだ分からないけど・・・。


今年の目標の一つ。


 「知ること!そして伝えること!」から


始めていこうと思っています。少しずつね・・・。




「犬と猫と人間と」は渋谷でこれから4週間、一日一回上映されるそうです。
良かったら行ってみて下さい。情報はこちらから。



c0185516_22163259.jpg

「犬と、いのち」渡辺眞子さんの本です。
施設に収容されている犬たちの写真が沢山掲載されています。
どの仔も本当に可愛い顔をしています。こんな目で実際に見つめられたら、私達はどんな顔をしたらいいのでしょうね・・・
良かったら、読んでみて下さい。



c0185516_214924100.jpg



 空「母~!しっかり頑張ってくれだワンよーーー!」
[PR]
c0185516_12464978.jpg



先日、へちまこさんとリデルに会った時の一コマで、
こんな事がありました。


河川敷の広場に到着後、空にロングリードを繋げ、歩くことになりました。
ロングリードは5mくらいでしょうか?既に3mのリードが繋がっているので、
両方で8mのロングリードでのお散歩です。


へちまこさんからは、

とにかく後を振り向かない、空を気にせず前を向いてずんずん歩くこと!

と言われ、歩き出しますが・・・


意外と私と空ペアには難しい・・・^_^;
というのも、空は全く飼主である私を気にすることなく、
8mの自由を気ままに楽しんでいます。


あっちへ行き、こっちへ行き、匂いをクンクン♪
「おーい!空ぽん!こっちだよーーー!」と心の中で叫ぶ母ですが、
全く意に介さず、好きなようにタラタラ歩く空。


「ダメだぁ~こりゃ~^_^;」と思いながらも、ついつい気になって、
後を振り向いたり、立ち止まってしまう私に、へちまこさんは、


「後を向かない♪ 歩いて~♪歩いて~♪」


その後何度も実は振り向いてしまった私・・・ダメだね~。
でもね、へちまこさんとリデルも昔はそうだったんですって。
こうやって歩いているうちに、少しずつ距離が縮まり、
今ではへちまこさんの側を楽しそうに歩くリデル。
例え、少し離れたとしてもへちまこさんの一声で、すぐ側まで戻ってきます。
なるほど・・・これは早速取り入れなければ・・・。


そこで、空と私も早速出かけてきました。河川敷へ!!
今回も3m+5mで合計8mのロングリードです。
さてさて、空はというと・・・。


c0185516_12302363.jpg

 遠いね~、この距離が空と私の埋められない溝のようで悲しい・・・>_<。
 (またまた大袈裟な・笑)



c0185516_12303444.jpg

 でもずんずん歩くと、トコトコとついて来てくれましたぁ~♪




チャーリー組お馴染みの「オンリードのおいで♪」の練習もしてみましたよ♪ リードはゆるゆるですがちゃんと持っていますよ♪






普段はこんな広場はないので、この日はロングリードで
思いっきり走らせてあげました。とはいえ、1頭では走らないので、
ボールを蹴りながら、私も一緒に走ります(疲れました・・・^_^;)


帰りはまた3mリードのみで、時には短くしたりTPOに合わせて歩いたのですが、
気のせいか、比較的脚側についてトコトコと歩いてくれることが多かった気がします。
練習の成果かな?


ということで、最近は普段のお散歩でも少しアレンジして取り入れています。
(あくまでも、私なりのアレンジなので、若干へちまこさんの意図から
外れているかもしれませんので、もし参考にする方はご了承下さいませ040.gif


普段のお散歩は、もちろんこんな広場はなく、
人も自転車も通る道ですので、安全な場所のみでやっています。


排泄も匂い嗅ぎも充分にした後に、少し広めの誰もいない公園で
普段使いの3mリードで練習です。


後を振り向かず、立ち止まらず、トコトコと少しゆっくりめに歩きます。
空も時々立ち止まったりしますが、気にせず歩いていると、
リードが張れる前に、トコトコと歩いてくれることも多くなった気がします。
でも、まだまだリードが張れることもありますので、今後も練習を続けて
いこうと思っています。



前述の河川敷へのお散歩は、往復で3時間強
さすがにその日は疲れて旦那に飛びつくこともなく、ぐっすり寝てくれた空ぽん♪
でも私もかな~りぐったりでした・・・


お友達の黒柴はなちゃんは、7時間半のお散歩を先日したらしいけど、
やっぱり私には無理だと改めて思った一日でした^_^;


空~♪はなちゃんのお母さんの方が若いから、しょうがないのさ~♪
これからは、時々連れて行ってあげるから、我慢してね~♪
頑張るよ~♪母も・・・^_^;


c0185516_13445129.jpg


 意外と空も体力がないのよね・・・二人で鍛えねば!
[PR]
空と私がへちまこさんとTeaching Dogのリデルに会った話の続きです。
-リデル編-


c0185516_2214852.jpg



リデルは「ちゃん」と呼ぶのが、はばかれるくらいの犬でした。
私が呼び捨てにするのも、申し訳ないくらいなのですが、
他に呼び方を思いつかないので、今回は敢えて「リデル」と
呼ばせてもらいます040.gif
何か敬称を付けるとしたら、やっぱり「先生」。


待ち合わせの公園の側を通ると、リデルはへちまこさんの前に
すっと立ち、じーっと空と私を見つめていました。
私達のいた場所は、公園より少しだけ高く、リデルを見下ろす位置。


位置だけで考えれば、私達の方が少し優位なのではないかと
思うのですが、不思議とリデルが大きく見えます。
そんなオーラを感じさせるような、迷いのない堂々とした姿でした。


でも空はそんな相手を欲していたのかなと思います。
自分を導いてくれる強い存在を・・・。


河原でリデルを追いかける空を見て、そんな風に感じました。
犬らしく走り回り、犬らしく犬語で話し合えるそんな存在。
空にはそんな先生のような存在が必要だったのかなって。


c0185516_2147154.jpg

 そらの首の後の毛が立っています。耳も前に向いているし、お尻を上げた体勢で、ムキ顔をしています。「よこせー!」と頑張っているのかな?



c0185516_21472722.jpg

 でも、次の写真では視線を逸らし、逆毛も立っていません・・・。
 リデルから何か指導があったのかな?


そら「えっと・・・いいんです。もういらないワン」
リデル「ふふふふ・・・」




近所を散歩する時は、チンピラ振りを発揮し、
あちらこちらで「ガウー!」と唸りまくっている空ですが、
この日の空は、まるで別人別犬のようでした。


へちまこさんからも
「今日見た限りでは、問題がないように感じました」
言われるほどです。
リデルが空を上手く導いてくれていたからですね、きっと・・・。
前回も述べましたが、犬との挨拶も上手に出来ていました。


河原から住宅街へ歩く道すがら、空がリデルと並び
身体をすり寄せて歩く場面もありました。
空にとってリデルは、安心して身を任せられる相手になったようです。


ただ、時々リデルから何度か指導が入りました。


 へちまこさんへ前脚をかけ、「おやつ」をもらおうとした時。

 リデルが座って耳を掻いてるのに、不用意に近づいた時etc.



リデルは空の「無礼な態度」や「行き過ぎた態度」に、すぐに指導をします。
空もリデルの指導を受け入れ、離れたり、引き下がったりします。
そんなことにも気がつかず、
「あれ?空どうしたの?おいで!」と言ってしまう飼主。
情けないです・・・>_<。


この日、空は多くのことを学び、多くの犬語を話していました。
これからリデルと会う度に、空はまた多くのことを学ぶでしょう。
そして、いつか弱い者への対処法も学んでほしいと願っています。



私は・・・。
楽しかった、本当に楽しかった。それは空が楽しそうだったから・・・。
そして私も安心していられる先生が二人もいたから・・・。
でもそれだけではいけないんですよね。私も空と一緒に学ばなきゃね。



空と私を心配してくださり、へちまこさんを紹介してくださった
チャーリーママさん、ありがとうございました。


そしてそんな私達のために、時間を割いてくださった
へちまこさんとリデル、ありがとうございました。


空と私に、また素敵な先生が増えました♪
有難いことです。

これからもどうぞよろしくお願い致します040.gif



ここまで、感動の記憶を忘れないように書きとめようと
頑張って書いてみましたが、やっぱり大変ですね。
毎日upされている方には、頭が下がります。


いつかへちまこさんから指導して頂いた、ロングリードでお散歩のことも
記事にしたいと思っています。
長くてぐだぐだの記事にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。
[PR]

空と私がへちまこさんとTeaching Dogのリデルに会った話の続きです。
-へちまこさんのアドバイス編
*写真はほとんど撮れなかったので、今回も少ないです040.gif


c0185516_20255651.jpg


c0185516_23393522.jpg




へちまこさんから、空は基本的に強い仔(いじめっ子)だから、
弱い仔怯えの強い仔とは近づかせないようにすることを
強くアドバイスされました。
失敗させないことは、空にも相手の犬にも重要なことです。


そして、挨拶をさせる時の注意事項は、


 相手の仔が空に近づいてくるまで、待つ。
 もし近づいて来ない時は、どんなに空が行きたそうにしていても行かせない



これは気をつけていたようで、実際には出来ていなかったと思います。
というのも、空は基本的にガンガン挨拶に行きたいタイプで、
空が望むままに挨拶させ、失敗を繰り返していたように思います。
これは、早速実践しようと思っています。


そして、もし挨拶中にガウリが出た時は、即止める


 止め方は、お馴染みのインターセプトです。
 犬の間に入り、空の鼻面につくくらいに近づき自分の足を使って
 外へ押し出し(相撲のすり足みたい?)、相手の犬から遠ざけます。
 この時の注意点は、犬の目は見ないことです。
 そうしていくうちに、いつか必ず犬は座るそうです。
 そこで初めて、解放してあげると良いそうです。



言葉で説明するのは難しいので、いつか動画を撮ってみたいです。



そしてもう一つ大事なことは、挨拶が上手にできた時は褒める
褒めることで空にとっては、自信につながるそうです。
でも、つい忘れてしまいがちです。


実際に、へちまこさんと一緒に歩いている最中にも
何度か犬と挨拶をさせる機会があったのですが、
空が「ガウり」やしないかとビクビクしてしまい、
つい「褒める」ことを忘れてしまい、へちまこさんから
「今、褒めてあげて」と言われる場面が何度かありました。


それと挨拶中に、自分の犬だけを褒めるのは、なかなか難しいというか
相手の飼主さんの手前、恥ずかしいかな?とも思います。
そこで思いついたのが、「双方の犬を褒める」です。
自分の犬を褒められて嫌な気持ちになる方はいないし、これはいいですよ!
皆さんも、ぜひやってみて下さい。


実際に今朝のお散歩でやってみたのですが、相手の犬を褒める
その仔が私にアイコンタクトを送ってくれました。「ぼく、偉い?」って。
可愛かったですよ~。やっぱり褒められると、どの犬も嬉しいのでしょうね。
うちの黒い仔は聞こえない振りでしたけどね・・・^_^;


c0185516_0122379.jpg

そら母「呼んでも振り向かないくせに、買いませんよーーー!」



そして、へちまこさんのお話で一番心に残っったことは
空には「心の友」が必要であると言われたことです。
へちまこさんが師事しているアンジェラ先生が、そんなお話をされていたそうです。


時には叱ってくれたり、教育してくれたり、
時には思いっきり遊んでくれるような「心の友」


見つけてあげたいけど、これまた難しいことです。
もし、いないのであれば、飼主である私がなってあげればいいのよ!とも
へちまこさんは仰っていました。


ただ、その為には威厳のある、頼れる飼主にならなければなりません。
今までのように、ちょっと何かあると凹んだり、オロオロしたり、
メソメソしてしまうようでは真の友にはなれません。


空に信頼され、いつでも安心して側にいられる存在になり、
そしていつかは空の「真の心の友」になりたいと思っています。


取りあえず、「心配症で弱い母」はすぐに廃業しなきゃね~。
せめて、「頼れる姉貴」くらいにはなりたいものです!


そしていつか、へちまこさんとリデルのような関係になれたらと
思います。
そんな羨ましいくらいに強い絆で結ばれた素敵なペアでした。
(目標はあくまでも大きくです!!大きすぎですかね・・・^_^;)



みなさんのワンコには「心の友」はいますか?
あなたは、あなたのワンコの「心の友」ですか?




-つづく-


次回は、「リデル編」です。
あまりよく観察できていないのですが、少し私なりの感想と
空とのやりとりを書きたいと思っています。
[PR]

最近、空が他犬との挨拶時に、唸りとともに軽く噛み付く行動が出てきた話は
しました。空に噛み付かれた犬は、3頭。
怪我をさせる程ではないのですが、明らかに相手は下手に出ている場合も
あり、どうしたものかと悩んでいました。


チャーリーママさんに相談し、空より強い犬と触れ合わせる必要が
あることをアドバイスされ、小田原へもっと通うことを検討していた時、
チャーママさんよりへちまこさんを紹介して頂きました。


へちまこさんは愛護センター等で活動されており、へちまこさんの愛犬リデルちゃんは
親のいない子犬のためにTeaching Dogとして活躍しているそうです。
詳細はへちまこさんのブログでどうぞ!


へちまこさんへメールで相談後、一度空と会っていただくことになり、
先日、早速お会いする運びとなりました。
当日は、何とチャーリーママさんがビデオ係でご一緒して下さいました。
*本当にありがとうございました040.gif


当日、待ち合わせの公園へ向かうと、公園の真ん中でリデルが
ジッと私たちを見つめて待っています。
公園へはあと少しの距離でしたが、空はビビッているのか
なかなか歩こうとしません。
何とかやっと公園内に入り、いよいよリデルと対面です。


へちまこさんからは事前に
「空ちゃんの好きなようにさせて下さい」
言われていましたので、空に任せます。


空はリデルに気がつきましたが、正面から直進して行かず、
少し距離をとりながら右へ回り込み、少しづつ間合いを詰め
リデルに近づいていきます。


そして、少し頭を下げて近くまで行き、リデルに挨拶を
しました。
私から見た空は、上手に挨拶ができていたように思います。


いつもは犬を見ると突進していく空ですが、リデルの凛とした姿に、
空も只者ではないと感じたのでしょうか?


c0185516_12595861.jpg



その後は、皆で河原へ向かいました。
河原では空にロングリードを繋げ、ある程度自由に歩かせることに。
*ロングリードで歩いた時に、へちまこさんから少しアドバイスが
ありました。これは後日改めて書こうと思います。



空は久しぶりの広場に嬉しそうに走り回っていました。
そんな空を見て、へちまこさんは、


「そらちゃんは、遊びが足りないのかな・・・」


とぼそり。
犬との遊びや交流が足りないのではとの指摘でした。
いきなり大勢の犬の中からではなく、リデルのような指導してくれる犬と
数頭の犬から交流させていくことが、空のためには良いのではないかと
仰っていました。


その後、へちまこさんがおもちゃを取り出し、リデルへ渡し、
空と追いかけっこが始まりました。


リデルは、空を遊びに誘うかのように、おもちゃを見せびらかしながら、
ゆっくりゆっくりと走ります。
空もおもちゃが欲しくて、リデルを追いかけますが、なかなか奪うことが
できません。


c0185516_1273833.jpg

リデル「ほ~らほ~ら、取ってごらんなさい。おチビちゃん!」
そら「あたちに寄こしなさいよーー!」
*このアフレコは私の想像です・・・040.gif




空は奪うことができずイライラするのか、リデルの後脚をカプッと
咬み始めましたが、へちまこさん曰く、リデルは痛がっていないので、
大丈夫ですよとのことでした。


c0185516_128425.jpg

そら「ちょっとー寄こしなさいよーー!」
リデル「ま~だ、まだ」


その後は、やり過ぎた空にリデルから「ガウ」と指導が入り、
空が引き下がったり、おもちゃを奪いとったりと遊ぶ2頭。
空は犬語を沢山話し、またリデルからも読み取っていたようでした。
が、私はほとんど読み取れず、へちまこさんからその都度、
教えて頂きました・・・。


空は強くて堂々としたリデルをとても気に入ったようで、
リデルの後を追いかけたり、おもちゃで遊んだりと
とても楽しそうにしていました。


普段のお散歩では、空を思いっきり走らせてあげたり、
犬と安心して遊ばせてあげることができない環境です。
普段の空とは、その日は明らかに違って、良いお顔を
していました。


へちまこさんが仰るには、空は少しビビリではあるけれど、
基本的に強い仔だそうです。

そして、「いじめっ子」らしい・・・やっぱりね^_^;


チャラ男が嫌いだったり、弱い仔が許せなかったり・・・。
そんな犬に「唸り」が出るのは、犬としてごく自然な行動だそうです。
ただ、相手が攻撃をするつもりもなく下手に近づいて来た時、
そんな時にまで唸ったり、噛み付いたりしなくても良いということを、
空は学ぶ必要があるそうです。


一番恐いのは怯えが強い仔で、恐怖のあまり攻撃に転ずるかも
しれないということ・・・。
そんなことになれば、空はもちろん反撃するでしょうし、
双方が怪我をし、トラウマとなって傷を残すことでしょう。
そうならない為にも、そこまでしなくて良いんだということを
空に教えてあげないといけないのです。



私に出来ることは、


 1.空に犬の中で、学べる機会を作ってあげること。

 2.今は失敗させない為にも、弱い仔、怯えの強い仔とは遊ばせない。

 3.私も犬語を学び、相手の犬の反応を読み取ること。



1.は何とか可能ですが、難しいのは2と3。
日頃から相手の様子をよく観察し、空に失敗させない為にも
相手の犬を見極める必要があるのですが・・・
なかなか難しいですよね。色んなサインを見逃しがちです。
こればかりは経験して学んでいくしかないようです。


その他にもたくさんのことを、へちまこさんから教えて頂きました。
ただ残念なことは・・・また私がぼーっとしてしまい、リデルや空が
発信していた犬語をたくさん見逃していたこと・・・。


せっかくお忙しい二人の先生とTeaching Dogのリデルに時間を
割いていただいたのに・・・
空はたくさん犬語を発信していたそうです。
その一つ一つを理解できる飼主になりたい、そう強く思いました。


今後は、空と一緒にへちまこさんの所へも通っていこうと
思っています。


空に先を越されないように、飼主である私も気合を入れて、
取り組まねば・・・。


次回は、へちまこさんから受けた指導や対処法について
書いてみようと思います。-つづく-


あまり参考にならない記事で、すみません040.gif


そして、へちまこさん、チャーリーママさん、
本当にありがとうございました。
[PR]
c0185516_15575438.jpg


仰々しいタイトルですね^_^;


もちろん、こんな委員会もないですし、こんな活動もしていません。
ただ自分の中で、

「叱らないでゆるゆるにワンコを育てよう~じゃない会?」
(略称:ゆるゆるワンワン会?)


の活動は密かにひっそりとやっているつもり、以前宣言したし・・・
(変な奴?引かないでね^_^;)



ということで、第1回活動報告を(笑)


先日のことです。


空と仲良しワンコ(仮にAちゃん)と飼主Aさんに会いました。
最近、飼主Aさんが

Aちゃんのことをベシッと叩いたり、
リードでビシッとやったり、
「うちの犬はバカ犬でね~」と言うのが、気になっていました。


その日はB君を連れた女性と3人でワンコを遊ばせていました。
すると飼主Aさんが、私にこんなことを言ってきました。


 飼主Aさん「うちのAは、叱ると反抗的な顔をするのよ。空ちゃんはどう?」

 私「空もそうですよ~!叱ると反抗してムキ顔します。」

すると、

 B君飼主さんが「あら~そんな話は、初めて聞いたわ~」 



実はB君飼主さんは、以前空が手袋を狙って手を噛んだ事件後、

 私が「手袋は危険だから、気をつけようと思っているんです。」と言った時。

 B「あ~ら。そんなの空ちゃんだけよ!」と私を奈落の底へ突き落とした方です。



なので本来なら、無視したかったのですが、ここは頑張ってと・・・


 私「私の友達の柴犬飼いさんも、みんな言っていました(うそ)」
*記事up後、「がみがみさん」がうちもそうだよ!と名乗りを上げてくださったので、
この話は嘘ではなく、真実になりました♪ ありがとう♪がみがみさん♪

*全国の柴犬飼いの皆様、すみません・・・040.gif


 飼主Aさん「そうよね~。柴犬は凄いのよね~」



そこで、私はチャンス到来とばかりに、

 そんな時は、叱るのではなく、無視をして無言で部屋を去り、
 静かになって落ち着いたら、思いっきり褒めてあげることを、
 私は空に対して、実践していると伝えました。



空に関していえば、他にも「仰向け抱っこ」も実践しているのだけど、
Aちゃんは抱っこ嫌いと言っていたことと、飼主Aさんに抱っこは
無理かなと思い、一番実行しやすい方法を伝えてみました。


飼主Aさんは「そうなの~?そういえば、TVでもそんなこと言っていたわね」

と好感触♪ いい感じ、いい感じ♪


実際に、やってくれるかどうかは定かではありません。
もしかしたら、なかなかやってくれないかもしれないけど、
Aちゃんのことを、叱る回数が少しでも減ってくれたらと
思っています。


うちの近所の犬飼さんは、そんなに酷い体罰をするような方は、
あまりいないと思います。


でも中には、軽く殴ったりする方もチラホラいます。
大きなお世話だとは思うのですが、1頭でも幸せに暮らせるワンコが
増えるといいなと切望してしまうのも、空を飼い始めてからのことです。


リードぎゅうぎゅうで首が痛そうなワンコや
恐くてワンワン吠えているのに「コラッ!」と怒られるワンコや
「このバカ犬が!」と叱られることなく、みんな幸せに飼主さんと
過ごせるといいなぁ~♪


(本当に、大きなお世話で、単なるおせっかいおばさんですが・・・^_^;)



活動報告終了。



c0185516_16029.jpg

[PR]
昨晩からとうとう雪が降り出しましたね~♪
雪が大好きな私は、窓の外を眺めてはワクワクしておりました。


c0185516_11144074.jpg



でも、雪ってたま~に降るからいいんですよね、きっと。
だって北海道生活時代は、掻いても掻いても降り積もる雪に
辟易していた我らです・・・勝手なもんですね^_^;


さて、昨晩の空ぽん。
いつもだったら自分のベッドで丸くなって寝ている時間なのに、
全く寝ようとしません。


部屋をウロウロ。私や旦那の前にちょこんと良い子に座って、
じーーーーっと私たちを見ております。


「何だか変?もしや?」


嫌がる空と自分の支度を急いで済まし、外に出たのは夜0時
辺りは一面の雪景色。浮かれる私。
でも空は初めて見る白くて冷たい雪に、ちょっとビックリしていました。


c0185516_1123332.jpg



でもそれどころじゃなかったみたい。
しばらくすると、「じょーーーー」とおチッコをしました。


やっぱりね~。
実は夕方のお散歩時は、雨が降っていたため、
1回おチッコをしただけで、家に速攻で帰ってきてしまった空。
夜中になって、どうしても我慢ができなくなったようです。
でもお陰で、私は久しぶりの雪を堪能いたしました。


c0185516_11242633.jpg


c0185516_11244024.jpg


c0185516_11245757.jpg



うん〇も済ませ、やっとスッキリした空は、ようやく安心して
眠ってくれました。



そして今朝。
外に出てみたら、雪は融け始め、夜とはまた違った景色です。
(もう止んじゃうのね~>_<。)
*受験、通勤で大変な皆さん、すみません040.gif


c0185516_1130999.jpg



空はというと・・・
雪の中にずぼずぼと入り、昨日と同様で嬉しそう♪
やっぱり犬は雪が好きなのね~♪
そんな空と降りしきる雪をもっと楽しみたかったな・・・


c0185516_11332353.jpg


c0185516_1134313.jpg




とはいえ、排泄が終わった空は、とっても嬉しそうに
走り回っておりました。


あまり映りがよくありませんが、動画です。






他の場所でも嬉しそうに、ぴょんぴょんしておりました♪



家の周りで、早速雪だるまを作っている方がいて、
初めてみる雪だるまに、ちょっとおっかなビックリの空です。
へっぴり腰だね~^o^)/



c0185516_1221170.jpg


c0185516_122282.jpg


c0185516_1224535.jpg







雪だまを見せてみたら、どうなるかな?








「あっ、食べちゃった・・・^_^;」


初めての雪体験♪
空は楽しんだようでした。また降るといいね~♪空♪



c0185516_125371.jpg




 母「呼びましたけど、今日はおやつを忘れました。ごめんね^_^;」
[PR]