空、Teaching Dog リデルに会う!の巻-へちまこさん編②-


空と私がへちまこさんとTeaching Dogのリデルに会った話の続きです。
-へちまこさんのアドバイス編
*写真はほとんど撮れなかったので、今回も少ないです040.gif


c0185516_20255651.jpg


c0185516_23393522.jpg




へちまこさんから、空は基本的に強い仔(いじめっ子)だから、
弱い仔怯えの強い仔とは近づかせないようにすることを
強くアドバイスされました。
失敗させないことは、空にも相手の犬にも重要なことです。


そして、挨拶をさせる時の注意事項は、


 相手の仔が空に近づいてくるまで、待つ。
 もし近づいて来ない時は、どんなに空が行きたそうにしていても行かせない



これは気をつけていたようで、実際には出来ていなかったと思います。
というのも、空は基本的にガンガン挨拶に行きたいタイプで、
空が望むままに挨拶させ、失敗を繰り返していたように思います。
これは、早速実践しようと思っています。


そして、もし挨拶中にガウリが出た時は、即止める


 止め方は、お馴染みのインターセプトです。
 犬の間に入り、空の鼻面につくくらいに近づき自分の足を使って
 外へ押し出し(相撲のすり足みたい?)、相手の犬から遠ざけます。
 この時の注意点は、犬の目は見ないことです。
 そうしていくうちに、いつか必ず犬は座るそうです。
 そこで初めて、解放してあげると良いそうです。



言葉で説明するのは難しいので、いつか動画を撮ってみたいです。



そしてもう一つ大事なことは、挨拶が上手にできた時は褒める
褒めることで空にとっては、自信につながるそうです。
でも、つい忘れてしまいがちです。


実際に、へちまこさんと一緒に歩いている最中にも
何度か犬と挨拶をさせる機会があったのですが、
空が「ガウり」やしないかとビクビクしてしまい、
つい「褒める」ことを忘れてしまい、へちまこさんから
「今、褒めてあげて」と言われる場面が何度かありました。


それと挨拶中に、自分の犬だけを褒めるのは、なかなか難しいというか
相手の飼主さんの手前、恥ずかしいかな?とも思います。
そこで思いついたのが、「双方の犬を褒める」です。
自分の犬を褒められて嫌な気持ちになる方はいないし、これはいいですよ!
皆さんも、ぜひやってみて下さい。


実際に今朝のお散歩でやってみたのですが、相手の犬を褒める
その仔が私にアイコンタクトを送ってくれました。「ぼく、偉い?」って。
可愛かったですよ~。やっぱり褒められると、どの犬も嬉しいのでしょうね。
うちの黒い仔は聞こえない振りでしたけどね・・・^_^;


c0185516_0122379.jpg

そら母「呼んでも振り向かないくせに、買いませんよーーー!」



そして、へちまこさんのお話で一番心に残っったことは
空には「心の友」が必要であると言われたことです。
へちまこさんが師事しているアンジェラ先生が、そんなお話をされていたそうです。


時には叱ってくれたり、教育してくれたり、
時には思いっきり遊んでくれるような「心の友」


見つけてあげたいけど、これまた難しいことです。
もし、いないのであれば、飼主である私がなってあげればいいのよ!とも
へちまこさんは仰っていました。


ただ、その為には威厳のある、頼れる飼主にならなければなりません。
今までのように、ちょっと何かあると凹んだり、オロオロしたり、
メソメソしてしまうようでは真の友にはなれません。


空に信頼され、いつでも安心して側にいられる存在になり、
そしていつかは空の「真の心の友」になりたいと思っています。


取りあえず、「心配症で弱い母」はすぐに廃業しなきゃね~。
せめて、「頼れる姉貴」くらいにはなりたいものです!


そしていつか、へちまこさんとリデルのような関係になれたらと
思います。
そんな羨ましいくらいに強い絆で結ばれた素敵なペアでした。
(目標はあくまでも大きくです!!大きすぎですかね・・・^_^;)



みなさんのワンコには「心の友」はいますか?
あなたは、あなたのワンコの「心の友」ですか?




-つづく-


次回は、「リデル編」です。
あまりよく観察できていないのですが、少し私なりの感想と
空とのやりとりを書きたいと思っています。
[PR]